タグ別アーカイブ: 中津

制作の中休みに

2017.11.12

中津カフェ

テーブルサイズの個展まで残すところ1ヶ月となりました。
来てくださった方に楽しんでいただきたくて、あまり写真も載せられなくなってきましたが、仕事と制作の往復で過ごしていた日々に、少しだけ風を通すつもりで出かけてきたので、ブログを更新。

 

神戸から電車でほど近い、大阪の中崎町と、中津。
神戸にもディープな町はいくつかあるけれど、震災もあり、古い町並みはそう残っていません。
けれどこの大阪の、特に中崎町と中津は、わたしの思い描く下町情緒が溢れていて、なんともいえずノスタルジックでワクワクする街なのです。

 

この日は、中崎町からてくてくと歩いて、アマント(Salon de AManTo 天人)というカフェに入りました。

雑然とした改装がちょうどいい感じです。

そして絶妙な光と影も合わさって、なんともフォトジェニックで心地のいい空間でした。

いろんな会話が生まれ、弾む、そういう空間。

手の届きそうな理想というのは、会話に夢を運んでくれる気がします。

わたしの座っていた後ろを振り返ると、こんな風景がありました。

このお店は、中崎町の素敵なプロジェクトの一環のようです。

 

そして夜は、去年からずっと行きたいねと言っていた中津にある大衆酒場『いこい食堂』さんに、ようやく行ってきました。

この大きな出汁巻き卵の写真で、伝わるかな~。

巻いてもいないし、野菜がいろいろと入っていて、下にはマヨネーズをかけた千切りキャベツ。

紅ショウガなんて、出汁巻き卵をお箸で切ったら、下から出で来たのです。

ほんのりゴマ油風味で、なんとも良い卵焼きでした。

他には、どて焼き、揚げシューマイ、カツオのたたき、ポテサラ、鶏の唐揚げ。

大衆居酒屋の定番がずらりとメニューに並んでいて、こんなお店どうしたって通ってしまうよねーと、梅田近辺にいる人たちを羨ましく思うほどいいお店でした。

 

さてさて、また仕事と制作の日々に戻ります。

15体は完成に近付いているけれど、あと何体できるかな…